引越し

引越しがあまりにも大変で鬱になりかけてしまいました。ならないないよう皆様注意!ほんと大変すぎて困る!!だからこそ引越しの注意点を紹介していきます。
ホームボタン
転出する際に、理解しておかなければならない事

転出する際に、理解しておかなければならない事が

転出する際に、理解しておかなければならない事が、多くの手続きです。
お役所へ届ける手続きだけでなく、電話、インターネット、ガス、水道、電気等の住所変更も必ず行います。とりわけガスは立ち合いを求められるので、早急に手配してください。
その他に、金融機関の通帳や運転免許証等の住所を変更する手続きもできる限り早く終わらせておいた方がいいです。

引越で部屋を明け渡すときに起こりうるトラブルとして、お金のことがあります。
どんな費用が明け渡し時に必要になるのか、どのようなケースがあり弁償することになるのかなど部屋を借りるより前に情報をきちんと確認しましょう。また、請求されたけれども、納得がいかないときは、支払い義務のない費用が入っている可能性があるので、大切なことは、正しい知識を身につけておくことです。


私は去年、単身赴任の引っ越しをしました。

サラリーマン生活初の単身の引越しでした。
会社の規則により複数社から見積書を取り、一番安い業者を選ぶのですが、赤帽が最も安いという結果になりました。最初は不安を抱いていたものの、手際よく引越し作業を進めてくださったので、次に引越しする時にも赤帽を利用したいと思いました。

我が家が埼玉県から東京で住むことになった時、パソコンを荷物に入れパッキングするか悩みました。私たちには車があったので、旦那が細かい荷物とか貴重品とともにパソコンものせて新宿まで持っていきました。パソコンは精いっぱい梱包しても、万が一、誰かが起動させようものなら、個人情報がすごく入っているため、すごく心配だったからです。

望みが叶うなら、引越し当日は晴天が望まれます。もしも、雨が降ってきたら、大変です。



そのままでは、何もかもが濡れてしまいます。テーブルもチェアーも、冷蔵庫もです。

天気が良かったら、そのまま運んでもよいのに、雨の場合には、シートが必要になります。

それは、かなりの労力が必要になるでしょうし、家具・家電が濡れてしまうのもイヤです。
以前からの夢だった戸建ての住居を購入しました。
移転する前にそれぞれの室内ににクーラーを取り付けなければなりません。
入用なクーラーの数は四つ、なかなかの出費です。それでも、大きな家電量販店で一気に四つ買うからと頼み込むと、かなり割引をしてくれました。

考慮していた費用よりも、とても安く住みました。
私は引っ越しをしたのを機に、家にあった不用品を買い取ってもらうことにしました。
衣服や家具など、かなりいろいろとありました。業者の方に家まで来てもらって、隅から隅まで査定を行ってもらったのです。



すると、意外な査定額が出ました。私の不用品が、お金へと変わったのです。とっても嬉しかったです。

マイホームに引っ越しした時には、隣のお宅に挨拶しに行ってきました。
気持ちばかりのお菓子を購入し、のしを貼らぬまま渡しました。
初めての体験だったので、少々緊張しましたが、マイホームというものはこの先継続的に住み続けるところなので、お隣のお宅とは、仲良く気持ちのよい生活していきたいと思って挨拶に席を外したのです。数年前、主人が転勤になったために引越しすることとなりました。
旦那と私はそれぞれ実家住まいで、引越すという経験がありません。未経験ながら、なるべく安くすませたいと自分たちで梱包することにしました。段ボールとガムテープは業者に借りられましたが、その他に、新聞紙も必要不可欠なものでした。壊れ物を包むのと、緩衝材としてとても使えるものでした。
引越し業者に申し込みました。

引越し作業に習熟したプロにお願いした方が、大丈夫だと思ったのです。けれども、家具に傷を付けられてしまいました。


こういうふうに傷がついたら、アフターケアはきちんとしてくれるのでしょうか。
泣き寝入りすることなく、しっかりと償って頂こうと思います。



Copyright (C) 2014 引越しで鬱にならないよう注意してください!ほんと大変すぎますね! All Rights Reserved.